募金活動

学校法人天使学園・天使大学募金趣意書

平素より学校法人天使学園天使大学に温かいご支援、ご協力を賜りましてありがとうございます。心より感謝申し上げます。

本学園は、「マリアの宣教者フランシスコ修道会」により、戦後まもない1947年に札幌天使女子厚生専門学校として設立され、2年後に天使女子栄養学院を開設し学校教育法公布と同時に、天使厚生短期大学に改組転換し天使助産婦学校の設立等を経て、1954年には天使女子短期大学に名称変更しました。
2000年には天使大学へ改組転換し、さらに専門職大学院助産研究科及び大学院看護栄養学研究科を開設するなど、常に社会のニーズを捉え、最適な制度を先駆的に選択し、教育・研究機関として発展して参りました。

カトリック系教育機関である本学園では、建学の精神「愛をとおして真理へ」を教育の基盤として、これまでのべ10,000名以上の卒業生・修了生を社会へ送り出してきました。
多くの卒業生・修了生が、看護師、保健師、助産師、栄養士、管理栄養士、栄養教諭等として保健、医療、福祉、教育等の現場において、本学で学んだ知識や技術、他者に奉仕する精神をもって、国内はもとより世界の各地で優れた専門職業人として活動しています。

これまでの発展は、日頃から本学園を支えてくださる多くの卒業生・修了生をはじめ関係の皆様方のご尽力の賜であると深く御礼申しあげます。

一方、我が国の急速な少子高齢化の進展に伴い、今後、18歳人口の減少が見込まれ、道内でも看護・栄養に関する大学、学部が相次いで開設されるなど、私学の経営環境は一段と厳しくなっており、本学も例外ではありません。
安定した財政基盤の確立が重要です。このため、入学定員の確保に加えて、奨学金等を含む学生支援の充実や校舎の増改築等キャンパスの教育施設の整備等に着手し進行させるため、今年度から「天使大学キャンパス整備プロジェクト」を開始しました。

本学園は2017年に創立70周年を、2020年には大学開学20周年を迎えます。創立70周年を契機として、改めて本学の使命や教育理念を明確にして学内外に発信し、日本や世界の最前線で活躍する専門職業人を養成するとともに、魅力ある大学づくりに邁進してまいります。

つきましては、学部学生、大学院生の学修環境向上のため新校舎の建設や既存校舎の改修等のキャンパス整備、学生生活を支援する奨学金制度の充実、質の高い教育・研究環境の充実、地域社会貢献等を目的として、2017年度から2020年度までの期間、募金事業を企画しご寄付を仰ぐことにいたしました。

教職員の皆様、卒業生の皆様、後援会の皆様、医療福祉関係機関・地域社会の皆様方、産業等各界でご活躍の皆様方に、本事業の趣旨をご理解いただき、温かいご支援ご協力を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
学校法人天使学園 理事長 近藤 潤子
    天使大学 学長 武藏 学