大学院助産基礎分野Master of Midwifery

助産の実践場面で自ら考え、判断する
「理論と実践を統合する能力」を養います。
助産基礎分野は、日本初の2年課程の助産師養成機関として、2004年に開設されました。短期大学・大学の専攻科等の1年課程や大学でのコース選択の助産師教育カリキュラムと比べて、質・量ともに充実したカリキュラムを組んでいます。

養成所指定規則上、28単位取得すると助産師国家試験の受験資格が取得できるところ、本研究科では56単位を修了要件とし、1年課程等では1コマや紹介程度で通り過ぎる内容を、1~2単位をかけて丁寧に深く学修します。そして、助産の実践場面で自ら考え、判断する「理論と実践を統合する能力」を養います。

カリキュラム

img_01.png

基礎科目

助産という現象、助産師の責務・役割・職業倫理などを理解し、助産師としてのアイデンティティを養います。
また、助産ケア実践に必要な生理・生物学的、心理・社会学的現象の理解を深めます。
さらに、助産管理、助産師教育、地域での助産活動などについても学びます。

実践専門科目

「講義・演習科目」では、助産ケアのコアであるマタニティサイクル期の正常と逸脱を判断し、助産ケア実践に必要な基礎的知識・技術を学びます。
また、助産所等の管理・運営、助産所で行われている助産ケアについても学びます。

「実習科目」では、1年次は基礎的な助産ケアの実践から始まり、妊娠・産褥・新生児期までの連続性をふまえた、より個別的な助産ケアの実践を行います。2年次前期には、助産所等で女性主体の助産ケアの実際を学び、後期では助産師として職業倫理をもとに、自律した助産ケアの実践を目指します。

発展・展開科目

女性の生涯を通じた性と生殖の健康支援の担い手としての助産師の役割を学ぶために、「子育て支援」「性教育」「ウィメンズヘルス」「国際助産」の4コースがあります。このうち1つを選択し、講義・演習・実習を通して理解を深めます。

特別統合研究科目

1年次の講義、演習、マタニティサイクル助産ケア基礎・統合実習の中で学習した助産ケアのエビデンスを事前に探求し、「マタニティサイクル独立助産実習」の助産実践の中で知識と技術を統合します。

実習展開

1年次前期 マタニティサイクル助産ケア基礎実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

妊娠期・出産期・産褥/新生児期における助産ケアの基礎を学びます。
妊娠期にある女性15例、出産期にある女性3例、産褥/新生児期の母児3例を受け持ち、助産過程を展開し、知識と技術の統合を図ります。

1年次後期 マタニティサイクル助産ケア統合実習Ⅰ

妊娠末期から産後1ヶ月・出産から産褥までの母児を受け持ち、対象を継続的・総合的に理解し、助産ケアを実践する能力を養います。
また、助産師の役割、専門職業人としての倫理観についても考察します。

2年次前期 マタニティサイクル独立助産実習(インターンシップ実習)

開業助産所において、妊産褥期を連続したプロセスとして捉え、身体の自然な力や個別性を大切にした助産ケアを学びます。
開業助産師たちの実践をモデルとして、助産師の専門性や自律性について考察します。

2年次後期 マタニティサイクル助産ケア統合実習Ⅱ

これまでの学修をもとに、複数の対象を受け持つことにより生じるより複雑な状況下において、個別性に即した適切な助産ケアを提供する能力を養います。
また、助産チームのメンバーとして、自らの役割を実践する力を身につけます。

年次教育計画

img_02.png

修業年限と修了に必要な修得単位数

修了の認定

修士課程を修了するためには、次の要件を満たすことが必要である。
  1. 専門職学位課程に助産基礎分野は2年以上、助産教育分野は1年6ケ月以上在学すること
  2. 必要な特別統合研究科目の指導を受けること
  3. 「特別統合研究科目」のレポート審査に合格すること
  4. 最終試験に合格すること
  5. 所定の科目について以下の単位数を修得すること
区   分 助産基礎分野
必  修 選  択
基礎科目 17単位 3単位
以上※
実践専門科目 31単位
発展・展開科目 4単位
特別統合研究科目 1単位
修了要件単位数 53単位 3単位以上
56単位以上
※1 発展・展開科目①~④の領域から2単位以上修得すること。
※2 発展・展開科目の「子育て支援」「性教育」「ウィメンズヘルス」を選択した者は、発展・展開科目以外の選択科目から1単位以上修得すること。

学修成果に係る評価

(1)評価の方法

授業科目の成績は、試験、出席状況および学習態度等の結果に基づいて、科目担当教員が総合的に判断する。
実習科目の評価は、実習評価項目、実習記録(提出物)、出席状況を含む実習態度の結果に基づいて、総合的に判定される。
実習評価項目、実習記録の内容、提出時期、評価内容の比率等は実習開始時(履修開始時)に当該科目の担当教員から提示される。

(2)評価の基準

成績は、A、B、C、D、Fの5種の評語をもって表し、A、B、C、Dを合格とする。
基準は次のとおりである。
成績評語 評 点 合格・不合格
A 100~90点 合 格
B 89~70点
C 79~70点
D 69~60点
F 59点以下 不合格
H ・授業時間数2/3以上の出席を満たさない場合
・休退学等の事由により評価不能な場合
N ・既修得単位等の認定科目