大学院看護栄養学研究科 栄養管理学専攻 博士後期課程Graduate School of Nursing and Nutrition Division of Nutrition Management
Doctoral Program, Doctor Course

人間栄養学、栄養管理学を通じて
社会に貢献できる教育・研究者を育成します
栄養管理学専攻博士後期課程は、人を対象とした人間栄養学の基礎的および実践的(応用的)研究を通して、ライフステージや環境など、あるいは疾病罹患時における生体機能の変化を的確に把握し、断片的かつ拡散している高度な「栄養」の専門知識を統合理解することで、今日的な栄養学的課題を明らかにし、それらの解決の具体的方策を探り、自立して教育・研究を行い、社会に貢献する人材を育成します。
本大学院博士後期課程は、博士前期課程等で習得した知識と技術に立脚し、人間栄養学の特定の課題について、自立して研究する能力を持ち、リーダーとして社会に貢献できる教育・研究者の養成を目的としており、教育課程においては「特別研究」に重点を置いています。
具体的には、①人間栄養学の基礎領域に関わる教育・研究能力に優れた人材、②実践的な人間栄養学の展開を通して地域や医療の現場に貢献する人材を養成するために、「特別研究」を基礎系と実践系に体系化し、学生の意志に基づいて、いずれかの系を選択します。

また、栄養管理学領域の教育・研究者として必要な「研究方法論」は、各系共通の必修科目として位置づけています。

さらに、各系の「特別研究」を専門的かつ高度なものにするために、「基礎系栄養管理学特論」および「実践系栄養管理学特論」を配置し、各系の「特別研究」に対応した科目を選択必修とし、学生の意志で他系の科目を選択することも可能としました。

博士論文一覧を見る

ディプロマ・ポリシー
  • 専門的かつ高度な教育及び研究を通して栄養管理学の先端的および実践的な知識を身に付け、保健・医療・福祉に貢献できる。
  • 栄養管理学に関わる課題においてグローバルな視点を持って主体的に探究し、自立して研究を行うことができる。
  • 栄養学の専門分野における課題について、研究をとおして課題解決の方法を提示できる。
カリキュラム・ポリシー
  • 栄養管理学に関わる先端的な教育および研究をとおして、社会に貢献できる卓越した能力を育成する。
  • 基礎系と実践系に体系化し、専門的かつ高度な研究を行い、自立して研究する能力を養う。
アドミッション・ポリシー(大学院看護栄養学研究科)
  1. 専門分野の発展に貢献したい人
  2. 高度な専門職業人として社会貢献を志す人
  3. 人間として専門職業人としての高い倫理観を探求したい人
  4. 専門的なコミュニケーション能力の向上を目指す人
  5. キリスト教的人間観に基づく人間愛の実践を志す人