学内の方へ

コンテンツ一覧

利用上の注意

  • 私語を慎み、静かに利用してください。
  • かばんは館内に持ち込めません。図書館入口横のロッカーに入れて必ず鍵をかけてください。
    (ロッカーの施錠には100円硬貨が必要ですが、開けたときに戻ってきます)
    入館時、持ち物が多い場合は、館内専用バッグを利用してください。
  • 携帯電話などは音の出ない状態に設定してください。また、館内での通話はご遠慮ください。
  • 館内での食事は厳禁です。また、食べ物を持ち込むこともご遠慮ください。
  • 資料は大切に扱ってください。無断での持ち出しや書き込み、折り曲げなどは絶対にしないでください。

閲覧

  • 図書館の資料は自由に手にとって見ることができます。
  • 利用した資料は必ず元の場所へ戻してください。返す場所がわからないときは、カウンターまでお戻しください。
  • 紀要の閲覧を希望する場合は、紀要閲覧申込用紙に必要事項を記入して、カウンターに申し込んでしてください。
  • 申込みの前に必ず、自分の必要な文献の巻号、ページを医中誌やJDreamⅢ等のデータベースで確認してください。
  • 事例研究(看護学科)、課題研究論文、卒論等の閲覧を希望する場合は、事例研究・修論等閲覧申込用紙(学内者専用)に記入してカウンターに申し込んでください。
閲覧可能時間:平日8:50~17:30、持出禁止、コピー・写メ厳禁
(栄養学科の卒研は、図書館では保管していません)

貸出

借りたい資料と学生証(教職員は不要)をカウンターにお持ちください。
 
  図書 CD/カセット 雑誌・紀要・二次資料
ビデオ・DVD
学部学生・大学院生
非常勤講師・指導教員
10冊 / 2週間 1本 / 1週間 館内利用のみ
教職員 冊数制限なし / 半年
 
  • ビデオ・DVDは原則館内利用のみですが、講義等で利用する際は貸出することができますので、カウンターまでお申し出ください。
  • 指定図書は貸出できない場合や返却期日が異なる場合があります。
  • 新着図書架にある図書の貸出期間は1週間です。
  • 参考図書類の貸出は、翌開館日の昼休みまでです。
  • 実習等で利用する資料は、返却期日の変更ができます。必ず貸出を受ける前に申し出てください。
  • 事例研究・卒業研究で利用する場合は、返却期間を30日に変更できます。必ず貸出を受ける前に申し出てください。

「学位論文等執筆のための特別貸出制度」について

学位論文等執筆の目的に限り、以下の要領で貸出します。特別貸出を希望する場合は、貸出を受ける前に申し出てください。
  • 対象者:看護栄養学研究科1-3年生
  • 貸出冊数:通常の貸出冊数とは別に5冊
  • 貸出日数:30日
  • 貸出延長:予約が入っていない場合は1回(30日)延長可能(期限内に資料と学生証を持参して手続きする)。
※ただし、参考図書、年鑑・白書類、禁帯出資料、貸出期間限定の指定図書、視聴覚資料、雑誌(和・洋)は特別貸出の対象外です。
※論文執筆等に関係のない資料は、この制度では貸出できません。

貸出延長

  • 予約が入っていない場合に限り、1度だけ延長できます。
    期限内に学生証と資料をカウンターに持参して、手続きをしてください。
  • 返却期日を過ぎている資料がある場合は、延長できません。
  • 参考図書の貸出延長はできません。
  • 教職員は、CD・カセットのみ、貸出延長ができます(図書は不可)。

返却

  • 開館中は図書館カウンターへ、閉館時は入口横の返却ボックスへ返却してください。
  • 返却日を過ぎた場合、期限を過ぎている資料を返却するまでは、新たな貸出や貸出延長をすることができません。
    返却されたことが確認でき次第、新たに貸し出すことができます。
    貸出延長はできません。翌日以降、棚にあった場合、新たに借りることができます。
  • 資料の返却期日は、マイライブラリから確認することができます。

予約

  • 利用したい資料が貸出中の場合に限り、予約をすることができます。
    マイライブラリにログインしてWebから申し込むか、資料予約申込書(学内者専用)に記入し、カウンターへ申し込んでください。
  • 資料が用意できましたらメールでお知らせしますので、図書館カウンターまでお越しください。

購入希望

  • 図書館に備えてほしい資料がありましたら、マイライブラリにログインしてWebから申し込むか、
    資料購入希望申込用紙(学内者専用)に記入してボックスまたはカウンターへ提出してください。
  • 結果は掲示板でお知らせします。
  • 希望を出しても必ず購入されるとは限りませんのでご了承ください。

文献検索

当館所蔵の資料をキーワード等で検索することができます。

学内の端末から、自由に利用してください。

複写

  • コイン式のコピー機が、書庫内に2台あります。(1F:白黒・カラー、2F:白黒のみ)
    文献の複写は、著作権法に従って、調査・研究の目的に限り、1人1部のみ可能です。
  • 機械にトラブルが生じたときは、職員まで連絡してください。

レファレンス

北海道地区大学図書館相互利用サービス加盟館の利用

協議会加盟大学の図書館を直接訪問し、所蔵資料の閲覧及び複写のサービスを簡便な手続きで利用できるサービスです。
また、一部の図書館を除き図書を借りることもできます。
加盟大学の学生や教職員は、次のサービスを受けることができます。
 
  • 所属する図書館から紹介状を持参せずに、学生証や身分証明書などの提示によって他大学図書館を利用することができます。
  • 学生証、身分証明書などの提示により図書などの貸し出しを受けることができます(一部の図書館を除く。各館の利用案内をよくご確認ください)。

※利用する前に、相手図書館のホームページ等で開館時間や利用案内をよく読み、マナーを守って、訪問してください。
※返却期限を過ぎた場合は、天使大学図書館に連絡が入りますので、必ず、期限を守ってください。

他大学図書館の利用

他の大学・短期大学等の図書館を利用する際には、図書館が発行する紹介状が必要です。
他館利用紹介状申込書(学内者専用)に記入してカウンターに申し込んでください。

紹介状のお渡しは・・・
午前の申し込み→当日の午後3時ごろから
午後の申し込み→翌日の午前10時ごろから

※他の図書館を訪問したら、カウンターで学生証と紹介状を提示して手続きを行い、訪問先の利用規定を守って利用してください。
※複写等などを希望する場合は、職員の方に相談してください。

文献複写

当館で所蔵していない資料の複写を、他の所蔵館に依頼できます。
マイライブラリにログインしてWebから申し込むか、所定の用紙に必要事項を記入して、カウンターへ申し込んでください。

※基本的に、複写代金や送料、手数料などは申込者の負担です。
※複写物が届くまでに時間がかかる場合がありますので、余裕をもって申し込んでください。
※申し込みは取り消せません。

現物貸借

当館で所蔵していない資料を、他の所蔵館から借りることができます。
マイライブラリにログインしてWebから申し込むか、所定の用紙に必要事項を記入して、カウンターに申し込んでください。

※資料の送料等は申込者の負担です。
※資料が届くまで時間がかかる場合がありますので、余裕をもって申し込んでください。
※申し込みは取消できません。
※「北海道地区大学図書館相互利用サービス」加盟館の資料は、各大学図書館のカウンターで直接借りることができます。

貸出パソコンについて

学習支援環境の充実を目指し、課題作成のために図書館内で利用できるノートPCを貸出しています。
台数に限りがありますので、譲り合ってご利用ください。
  • 本学学部生のみ利用できます。大学院生は利用できません。
  • 学生証と交換で図書館カウンターにてノートPCを貸出します。
  • 1回につき3時間(閉館30分前までに返却)の利用とします。
  • 全台貸出されている場合のみ予約が可能です。
  • 利用は天使大学図書館内(持ち込みパソコン利用可能スペース)に限ります。※グループ学習室利用不可

各コーナーの利用について

グループ学習室(4室)・・・カウンターでの利用手続きが必要です。

  • 2名以上のグループで学習する場合に利用できます。
  • 当日に限り予約をすることができますので、カウンターまでお申し出ください。
  • 利用時間は1回3時間までです。予約がない場合は延長利用が可能ですので、カウンターで手続きをしてください。
  • 図書館の資料を利用する場合は、カウンターで持ち出しの手続きをしてください。

AV視聴ブース(2ブース)・AV視聴室(1室)・・・カウンターでの利用手続きが必要です。

  • 視聴する資料の貸出を受け、ブースまたは視聴室利用の手続きをしてから利用してください。
  • 利用時間は、視聴する資料の収録時間までです。
  • 視聴できるのは、原則として図書館所蔵の資料のみです。
  • AVブースの同時利用は、2名までです。

新聞閲覧スペース

  • 当日の新聞は、マリアホールにあります。

(日刊紙)朝日新聞、日本経済新聞、北海道新聞(夕刊あり)、毎日新聞、読売新聞、The JAPAN TIMES
(週刊紙)科学新聞、カトリック新聞、教育学術新聞、北海道医療新聞

※過去3ヵ月分のバックナンバー(原紙)、文部科学広報、医学界新聞、日本看護協会ニュースは図書館にあります。
※朝日新聞(「聞蔵」)と北海道新聞(どうしんDB)はデータベースでも閲覧できます。利用したい方は図書館カウンターへお申し出ください。