大学院助産研究科 助産専攻Master of Midwifery

「助産師」と「助産教育者」を養成する、
日本で唯一の専門職大学院です。
助産研究科は、日本で唯一の「助産師養成のための専門職大学院」であり、同時に、日本で唯一の「助産教育者のための養成課程」があります。
そのため「助産基礎分野」には、全国各地から助産師のエキスパートを目指す学生が集まり、「助産教育分野」には病院等の第一線で活躍してきた助産師が入学します。そんな経験豊富な助産教育分野の大学院生に対し「助産の現場」のことをいつでも聞くことができる環境は、他にはない魅力です。
また、2年課程である助産研究科には1年次に「先輩」がいて、実習や勉強方法について気軽に相談できるのも心強いところです。
助産専攻修了生インタビュー助産専攻修了生インタビュー

助産基礎分野

助産の実践場面で自ら考え、判断する
「理論と実践を統合する能力」を養います。
助産師の資格を取得することを目的に、
助産の専門職業人に必要な、高度な助産実践の能力を修得するためのコースです。
看護師の資格を持つ方(または取得見込みの方)が対象です。
 
修業年限
2年
定員
30名
修了に要する単位
56単位
取得資格・学位
助産師国家試験受験資格
助産修士(専門職)

助産教育分野

助産師が持つべき基本的な能力を
効率よく計画し指導する人材を育成
助産師として5年以上の臨床経験を持つ方を対象に、自らの助産学と助産実践を確認し、助産教育者に必要な教育計画の立案、授業や臨床指導の理論などの学習ならびに実習を通して、教育・指導の基本的な能力を修得することを目的としています。
 
修業年限
1年6カ月
定員
10名
修了に要する単位
45単位
取得資格・学位
助産修士(専門職)